千葉県子どものこころの診療ネットワーク事業

千葉県における本事業は子どもの心の診療ネットワーク事業の一つとして令和元年に動き始めました。この事業の狙いとしては、千葉県内の児童福祉に関与する専門職(医師・心理士・ソーシャルワーカー、教師、保育士など)を対象として、児童精神医学的知識とその実践能力の向上と顔の見えるネットワーク作りを目的としております。特に児童相談所職員のアセスメント能力および介入技術の向上を狙っており、地域の専門機関同士の連携を密にし、適切に受診・相談に至ることが可能になるようなネットワークを構築していきたいと考えています。本事業の拠点となる国立国際医療研究センター国府台病院は入院治療を含めた児童精神科診療機能を有しており、医師数および心理士・ソーシャルワーカーともに県内有数の人材数を確保しております。また、これまでも厚生労働省こころの健康対策事業を委託し、様々な職種を対象としていくつかの研修事業を行ってきた実績があることから、千葉県子どものこころ拠点病院として活動することになりました。千葉県の児童家庭課のご指導のもと、私たちは千葉県内での様々な問題に県内の関連施設が一丸となって対応できるように責務を果たしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

研修情報